china_2_950-350

JAPANブランドの中国市場販路開拓支援

 
china_main_header
 

【この5つのポイントであなたの商品も売れます!】

たった5つのポイントを押さえて、良質なコンテンツを提供するだけで、中国でも貴社の商品やサービスは必ず売れます。正しく向き合い、時には形を変えて新たな価値を創出する、その秘訣をここで惜しまずご紹介いたします。

 
china-header_1
当サイトの企業理念のページにもございますように、当社の中国市場に対する姿勢は以下の通りです。
 

【理念】
日本が誇る商品/サービスを中国市場とコラボレーションさせることにより、新たな市場を開拓し、持続的に経済を発展させる

【中国市場と向き合うための方針】
・感情的になる前に、相手の文化や歴史の背景を想像する
・相容れないと思うものでも、形を変えることで価値が共有できる
・強制せず、迎合せず、卑下せず、見くびらず
・「中国の市場ではロクなことがない」という声に惑わされぬ、強い意思を持つ
・現場に行き、現場でふれ合う
・オンラインで得られる情報とオフラインでしか得られない情報があることを知る
 
この「向き合う」という姿勢が、日本人もしくは日本企業にとって思いの外難しいものです。この本質であり土台となる部分を理解することが、すべての成否のカギを握っていると言っても過言ではありません。
 
 

china-header_2_n
ターゲットとする地域に関しては、必ず現地の空気を感じるようにしましょう。また、商談相手やパートナーの「人」を見抜くことにばかりに執心せず、その相手とどういう「売れる仕組み」がつくれるか、この点を最優先に談義しながら、貴重な現地での時間を過ごしましょう。

その際、気を付けるべき特に重要な点がふたつあります。
一つ目は、中国でひとつも売れていないにも関わらず、「日本ブランドだから」という理由で大企業と同じような戦略を立ててしまったり、そうした態度を取ってしまう場合がありますが、あまり得策とは言えません。相手に与える印象が低下するだけでなく、自身の取るべき戦略も見誤ってしまいがちになります。

そして二つ目は大変重要ですので、POINT3に単独で記載をします。

 
 
china-header_3_1
あなたが中国語でビジネスができない場合、当然通訳が必要になります。この時、長年仕事を共にしてきた以心伝心の通訳以外、商談で相手と共有できた認識は3割程度と思っていただく方が間違いありません。
こうした経験を「商習慣の違い」「相手の日本語能力の問題」と原因づける方も多いのですが、当社はそれだけでないと考えています。本質的な原因は、日本語の通常会話における特異性にあるのです。

・主語は話の流れで誰を指すのか推測しなければならない
・「悪くはないんですが」といった、曖昧な表現(相手からすれば褒められた)
・外来語、特に経済用語、IT用語を多用する
・その他山ほど

こうした時、通訳もしくは日本語のできる商談相手が「それはどういう意味でしょう?」と毎回聞き返してくれることはまず期待できません。唯一の解決方法は、あなたが中国人でも正しく通訳、もしくは理解のできる日本語で話すことです。

これは意識しなければ一生矯正できませんが、意識さえあれば必ず克服できます。中国語を修得する努力も大事ですが、まずは商談においての「正しい日本語」をマスターしましょう!

 
 
china-header_4
日本企業は、中国のパートナーに自由に売らせることより、ついつい管理体制、時には「監視体制」の構築に力を入れてしまいがちですが、これは本末転倒です。売れてもいない段階で、監視も何もありません。
短期間で市場価格が崩れてしまうような、コントロール不全に陥る可能性のあるやり方はもちろんNGですが、相手はあなたの部下でも社員でもありません、決してパートナーに「管理されている」と感じさせないような進め方をしましょう。

日本の中小企業が主導権を握り続けられるほど、大陸は狭くも浅くもありません。如何に肝を外さず、パートナーに好きなように売らせるかが重要です。

なぜなら中国企業には、儲かると思えば徹夜してでも売ってくれる文化があるのですから。

 
 
china-header_5
実は、この覚悟を決めるというのは意外に難しいもので、日本ではまずあり得ないという事態に何度も直面していく過程において、挑戦すること自体に無理があったのではないかと、徐々に決意が揺らいでいきます。
ですがちょっと待ってください、日本の習慣はグローバルスタンダードでも何でもないのです。想像した通り全てが順調に進むはずはありません。

大事なことは強い意思と信念を持ち続けること。そしてエラーの原因が自分にもなかったかをしっかり振り返り、そのたびに中国脳をレベルアップさせていくことです。

継続は力なり、中国市場は絶対的に日本市場よりモノが売れます。必ずや成果をあげましょう!
 
 

【勝負は対峙する前にもう決まっている!?】

ここまでお読みいただきお気づきになられた方も多いと思います。そうです、実は正しい心構えで、尊敬を持って相手と接し、ロスなくコミュニケーションできれば、日本で新規事業に取り組むのとやることは変わらないのです。日本で過去に成功した実績をもつに貴社には、すでに中国市場で成功するスキルが備わっているわけです。ではなぜ多くの日本の、特に中小企業が口をそろえて「中国市場は難しい」と言うのでしょうか?

答えはもうお分かりですね、日本人は中国に限らず、POINT1の「異国の本質を理解する」ことが極めて苦手な傾向にあるからです。POINT1を理解したつもりで進む、避けて通ってそれっぽい入り口からスタートする、時には上司の決済が下りやすそうだという理由だけで戦略や委託先を決定する、いずれも極めて危険です。正しい入り口にしかゴールはないのです。

あなたの成功のため、特にこの部分にフォーカスする。それが当社の強みです。

china-header_6
 
 
 
 

【本当に中国市場の方がモノを売りやすい?】

riyuu_700-256

当社のもうひとつの中心事業である「もみ殻でつくったRice Ware製品」を、日本国内で販売していてつくづく感じますが、中国の方がモノを売りやすい、これは本当です。実は中国には日本と違い、様々な「売る」ための方法が存在します。特に「WeChat(微信)」という、日本のSNSサービスとは一線を画する神器を手に入れた中国人は、企業と個人に関わらず、これをフル稼働させて販売に結びつけています。まずはホームページをつくって広告費をかけて知名度と信頼感を向上させて、という手順を踏まずとも素早く手軽に販売が可能です。
日本で同じことをするのと比べ、この時点で数か月から半年程貴重な時間を節約できるので、成果も早い段階で挙がります。それは、軌道に乗るまで重荷となる毎月の固定費や人件費の節約にもつながります。やり方ひとつでしっかり稼いでいる中国の小規模事業主が多いのには、こうした背景があります。

ただし、コンテンツは極めて大事です。貴社の製品やサービスが単体で売りづらい場合には、形を変えたり、何かとミックスさせなければ、なかなか市場の需要を勝ち取ることができないもしれません。
この「コンテンツ」の概念に関しましては簡単に文章ではお伝えし切れませんので、詳しい内容は初回ご面談時にお話しさせていただきます。

 
 
 
 

sdgs_color_line

【サービス概要】

service_banner_2_950-350

中国で「納豆」の現地限定ブランドを立ち上げ、トライ&エラーを繰り返しながら200店舗以上に販路を拡大した実績をもつ当社代表を中心に、豊富な中国ネットワークを駆使して貴社の成功をお手伝いいたします。

 
 
service_1_600-80

貴社の中国市場における強み、弱み、予算、人材などの情報をヒアリングし、分析します。その上で短中長期目標それぞれに優先順位をつけます。同時に、当社のネットワークをどの程度有効に活用できるかを踏まえて戦略を策定いたします。貴社プロジェクトのスタートアップ時、もしくは戦略見直し時にご利用いただけるサービスです。
 
 
 
 

service_2_600-80

アドバイザーとして、貴社の中国市場開拓プロジェクトに関して適宜意見を交換し、客観性をもって進行できるよう助力いたします。提供する役務の内容によって、価格が変動いたします。

 
 
 
 
service_7_600-80

市場調査や、市場の反応を見るための展示会参加の後ではもう遅い?

ついつい先回しにしてしまいがちな知的財産権に関する登録申請を、現地の弁理士事務所を活用することにより、スピーディー且つ格安で代行いたします。
 
 
 
 
service_8_600-80

食品など中国で輸入通関の難しい商品も、輸入の可否や可能な場合の方法などをお調べてしてフィードバックいたします。商品によっては信頼できる通関会社とのマッチングや、当社にて輸出の代行も可能です。
 
 
 
 
service_3_600-80

進行済みのプロジェクト、もしくはこれからスタートするプロジェクトなど、進捗状況は問いません。貴社に代わって見込み客へのアポイント取得を代行いたします。成果報酬型でも請けておりますので、気軽にご利用いただけるサービスです。
 
 
 
 

service_4_600-80

アポイントだけでなく、営業および販売パートナー(代理店含む)探しも代行しております。通訳を介さずに行うことで、中国の見込み客からの信頼度を高めることができるのが当社の強みです。
 
 
 
 

service_5_600-80

中国市場向けに新たなブランドを立ち上げる、もしくは貴社の日本のブランドイメージを変える戦略を選択された際の、トータルビジュアルイメージを作成します。ブランディングにおいて最も重要な部分を、貴社のご予算に応じ、高いレベルでご提供いたします。
 
 
 
 

service_6_600-80

貴社のプロジェクトチームの一員同様に、上記の中で必要なサービスすべてを当社で行うことも可能です。貴社内で専門の担当を1名雇用するより安く、高い専門性で役務をご影響いたしますので、特に0を1にするスタートアップ段階では是非ご利用ください。
 
 
 
 

最後になりますが、2018年時点、当社の中国におけるネットワークにおいて、短期間で実現性の高いキーワードは以下に関連するものです。

sdgs_color_line
・FC(フランチャイズ)および食材供給
・飲食、スイーツ、パッケージ食品
・環境
・インバウンド(体験価値の提供できるもの)

sdgs_color_line
 
 
その他のキーワードに関しても十分に市場開拓は可能です。初回のご相談は、基本的に無料となりますので、まずは是非一度お気軽にお問合せください。貴社の案件や予算に応じてカスタマイズしたご提案をさせていただきます。

 
 
support_3