keyview_kids

未来を笑顔にするテーブルウェアブランド「Rice Ware」

riceware_1_1_600-291

お米のもみ殻からつくった、限りなく天然に近いテーブルウェア「Rice Ware」。
当社は地球の環境にやさしいこの製品の輸入販売元として普及に尽力することで、地球や日本の直面しているいくつかの課題の解決に寄与できると考えています。
 
 

減らして減らして使って減らす
riceware_3_600-159

日本ではゴミ問題の対策と言えば、みなさん真っ先に「リサイクル」を思い浮かべることと思います。そこで、3Rという言葉は聞いたことがありますか?ゴミに関しての考え方で、「Reduce(減らす)」「Reuse(再利用する)」「Recycle(再生する)」それぞれの頭文字であるRをとって、3Rと言います。最近では更に「Refuse(やめる/断る)」というRも含め、4Rにすべきだという声も高まっていますが、実際にはRefuseとReduceとほぼ同義で、ゴミそのものを減らすことを目的としています。

そんな中で、農業における収穫物から出る農業残渣(ざんさ)の問題、言い換えれば農業において大量に発生するゴミの問題は、地域や国に関わらず、農業が営まれる限り避けて通れません。中でもお米のもみ殻は、シリカのような硬い物質が含まれるせいで、有効利用が極めて難しいとされてきました。日本でも土壌改良などには活用されるようになりましたが、成型品への転用は進んでいない状況です。ただ、日本ではもみ殻の野焼きは一般的に禁止されておりますので、

※このページは現在更新中となります。ご不便をおかけし誠に申し訳ございません。

減らして減らして使って減らす
riceware_4_600-159

※このページは現在更新中となります。ご不便をおかけし誠に申し訳ございません。

減らして減らして使って減らす
riceware_5_600-159

※このページは現在更新中となります。ご不便をおかけし誠に申し訳ございません。

減らして減らして使って減らす
riceware_2_600-159

日本の多くの地域では、徐々に埋め立てる区画の確保が難しくなり、今や東京でも2050年にはゴミの行く先がなくなると言われています。そのため、以前はほとんどがそのまま埋め立てられていたプラスチックやビニールごみを、最近では一度燃やして灰にしてから埋める自治体が増えています。例えば最近まな板のような硬いプラスチックを燃えるゴミで回収する自治体も増えてきましたが、この事情を知らないと、単に焼却施設の性能が上がり、ダイオキシンの発生が抑制できるようになったからであろうと思い込みがちです。

Rice Ware製品は、天然原料であるお米のもみ殻を主原料としているため、埋めれば2~4年で土に還るという特性をもっています。これを「生分解」と言います。

実はRice Ware製品にも、プラスチック原料に分類される物質が一部含まれており、こうした土に還る(通常水と二酸化炭素に分解される)特性を持つプラスチックは、「生分解性プラスチック」と呼ばれています。軽量で落としても割れにくく、現在プラスチック食器の採用が多い、子ども向け、社内/学生食堂、学校給食、病院、介護施設、アウトドアのシーンでの使用が進めば、ゴミ問題の解決へつながる期待が高まります。

表題に関して正確に表現するなら、「生分解しないプラスチックごみの削減を通じて、埋め立て地の確保に寄与する」となります。これが当社がRice Ware製品の販売で貢献したい最も大きな社会の課題です。

ttl_3min_01

農業廃棄物の処理は社会問題のひとつ

私たちの食生活に欠かせないお米は、気候に左右されず安定して収穫できる作物の代表格です。これには、お米を病虫害から守るもみ殻の働きが大きく貢献しています。

img_3min_01

もみ殻の持つ有効成分性は様々な研究により立証されていますが、残念ながらその硬さ、分解のしにくさから、これまでほとんど有効活用されてきませんでした。お米を生産した分だけ生じる大量のもみ殻を産業廃棄物として処理するには費用の負担が大きいことから、世界的にはまだまだ野焼きで処理してしまう地域も多く存在します。

img_3min_02

野焼きは地球環境に対しては、二酸化炭素の大量発生による大気汚染をもたらします。地域の住民に対しては、ニオイや呼吸障害など煙の害をもたらします。いずれも大変深刻な問題です。

img_3min_03

 

もみ殻を捨てずに有効利用、それが「Rice Ware」

私たちは、そんなお米のもみ殻を活用し、キッチンウェア、テーブルウェア、カトラリーをつくることに成功しました!工場独自の特許技術により、粉末にしたもみ殻を成型品化したのです。

無題

発売後は「環境に配慮した天然素材のキッチンウェア」というコンセプトに共感する世界各国の方々のリクエストを受け、既に世界20か国以上で販売されています。

北米/南米 アメリカ、カナダ、ブラジル、チリ
ヨーロッパ ドイツ、イギリス、フランス、スペイン、ポーランド、チェコ
中東 カタール、アラブ首長国連邦、イスラエル
アジア/オセアニア インド、中国、韓国、日本、マレーシア、インドネシア、シンガポール、タイ、オーストラリア、ニュージーランド

※Rice Ware生産工場における各国輸入車のOEM、PBブランドを含みます

 

利用シーンはさまざま

個人ではキッチン、食卓、山登り、バーベキュー、お花見、運動会、そしてベビー、キッズ向け。企業様には、CSR活動の一環としてのノベルティ、社員食堂、保育園、病院や介護施設など、様々なシーンでRice Ware製品が活躍しています。

 
 

無題1

安全とECOの認定 エコマークを取得

Rice Ware製品は、日本の皆様にも安心してご使用いただけるよう、商品のほとんどがエコマーク認定を受けています。

無題2
 

世界各国の基準で検査を実施

Rice Wareは製品の安全を維持するため、定期的にEU基準であるRoHS指令、REACH法、アメリカの管理機関であるFDA、中国基準のSGSなど、様々な国の定める様々な角度から検査を実施し、安全性の証明・維持に努めています。もちろん日本の厚生労働省の定める食品衛生検査基準にも適合しています。

 

有機認定のあるお米のもみ殻のみを使用

製品には有機認証を持つお米のもみ殻のみを使用し、原材料から予期せぬ物質が混入することを防止しています。

 

原材料のもみ殻配合率は70%以上

石油性物質を原材料に使用しておらず、天然素材であるもみ殻の配合率が極めて高いのも、Rice Wareの人気の理由のひとつです。世の中には天然素材のテーブルウェアであることを謳いながら、コストや技術的な問題から、その配合率が低い製品も存在します。

他社の天然素材テーブルウェアと、Rice Ware製品を燃焼比較した動画がありますので、是非比べてみてください。

 

無題3

工場概要

Optimize Green Tech (Dalian) Co.,Ltd
大连绿之态科技有限公司

2006年にマレーシアで試験生産開始し、4年の期間を経て2010年、中国遼寧省に正式に工場開設。工場面積2000㎡、工員約35名。年間約3000トンのもみ殻を有効活用し、製品化しています。工場は農業における廃棄物の循環利用の研究に余念がなく、本事業による温室効果ガス発生の削減を目的に設立されました。

無題4

工場の理念

独自の4Rという理念の下に運営を行っています。

  • Rethink … 見直す
  • Reduce … (農業廃棄物を)削減する
  • Revive … 生き返らせる
  • Rice concept … お米をコンセプトに

 

工場のこれから

農業廃棄物の循環利用プロジェクトに関し、もみ殻だけでなく、落花生の殻、トウモロコシの茎などを原材料として有効利用し、価値のある製品として製造するための取り組みを始めています。

無題5
 

プラスチックごみの削減へ!

現在地球の深刻な環境問題のひとつに、プラスチックごみの急増があります。ほとんどが生物分解をされない素材でつくられているプラスチックごみは、その多くが埋め立て、もしくは海洋投棄をされています。アメリカのある大学研究チームの発表によれば、このままのペースで増えてしまうと、2050年には120億トン以上(ニューヨークのエンパイアステートビル35000棟分の重さ)の生物分解をされないプラスチックごみが、地球上に埋められるか、海に捨てられることになると危惧しています。

当工場ではもみ殻を原材料とした製品に関しても、テーブルウェアやキッチンウェアとしての使用に留まらず、例えば内装用建材、電車の吊り革、おもちゃの部品など、多くのシーンで転用できるようにし、地球の持続的発展のため更なる環境保全へ貢献できるよう、新製品の研究開発に取り組んでいきます。

そしてこの技術が日本でも活用される日を、心より願っています!

 

ttl_3min_04

まな板

抗菌活性値2.0以上。特に梅雨から夏場の細菌が繁殖しやすい時期に重宝されています。製品そのものが非常に硬いため包丁のキズがつきにくく、そこからの雑菌繁殖がしづらいという特長もあります。

img_3min_08

ベビー/キッズ向け商品

石油性製品をあまり好まない方も多い、ヨーロッパやアメリカの家庭で子供向けに人気なのがベビー/キッズ向けの商品。天然素材の安全性と、もみ殻の持つ抗菌効果、落としても割れにくい強度の高さが人気の理由です。

img_3min_09

他にも色々な製品があります

raicewar_products_900_1

 

Rice Ware製品の販売パートナーを募集しています!

当社では、Rice Ware製品の販売を通じて、一緒に未来へとバトンをつないでいただけるパートナーを募集中です。問合せフォームよりお気軽にご連絡ください。

また、より詳しいRice Ware製品の情報は、
公式WEBサイト>>
公式オンラインショップ>>
を併せてご覧ください。

 
raiceware